春は花夏ホトトギス秋は月冬雪降りて涼しかりけり。という道元の歌があるが、春はやはり桜になる。
 本日妻と豊橋公園、岩田公園と桜見物に行ってきた。満開であった。例年より2,3日ほど遅い。風が強くて既に舞い始めていた。

 豊橋公園は城と見事にマッチしていて歴史が織りなす景観に感慨深く見入っていた。
 豊橋職員の方らしい人が私たち夫婦の写真を撮ってくれた。粋なはからいである。
 早速家に帰って写真用紙に印刷をした。確かにソメイヨシノの輝きが目立ち、私たち夫婦の年輪もさほど目立たず不思議な時の流れの中の一コマを見ることができた。
 毎年桜を撮しているが今年の桜は特にきれいだった。
 老いて花が咲くという象徴を人生に重ねてみたくて自分の人生をそっと振り返ってみた。
 うん確かに小さな花ではあるがそっと芽吹き白い花弁を広げているように思えた。

2017年04月11日